プロフィール

iamhamachan

Author:iamhamachan
八幡浜市に住む,働く主婦です( ^_^)/
四国に嫁いで40年余り、3人の子供達はそれぞれ独立し、主人との二人暮らしを謳歌していますが、6人の孫達の成長も楽しみの一つです。
仕事の傍ら、2年前に歩き遍路を結願、昨年は逆打ちを結願しました" 'ζ_,`"
日々忙しく過ごしてますが、そろそろ終活ライフも考えなくては~、と思うようになりました(@⌒◇⌒@)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセス数


今回は伊予の国に入り、雨の遍路でした
64番の前神寺から、54番の延命寺まで
11か寺のお参りです

20160529_143500.jpg

伊予鉄バスで、前神寺の駐車場まで行きます
今回は11か寺もあるので、ゆっくりお寺を鑑賞できません
ろうそく、線香、お唱え等の一連の儀式も
スピードアップです(´・ω・`;A) アセアセ

20160529_073653.jpg

四国霊場の中で、3番目の高地にあり
遍路ころがしの最難所と言われている
横峰寺は、霧がかかってとても幻想的でした
(ノ-。-)ノ))))))))))))))))))●~*"| ´,_ゝ`)ノ"""

20160529_100929.jpg

20160529_100647.jpg

超モダンな香園寺の庭園で

20160529_083917.jpg

昼食は、タオル美術館の中華料理でした
前のお庭をバックに記念撮影

20160529_120536.jpg

今日の打ち止めは、延命寺です(´・ω・`;A) アセアセ
雨の中の遍路は、厳しかったけれど
11か寺やり遂げた喜びに(*^^)v v(^^*) ピース!

20160529_161324[1]

     同行二人



生活習慣予防検診の、人間ドックを
今年も、八幡浜市立病院で受診しました
人間ドック室は、建設途中の
八幡浜市立病院新館にありました

20160525_085908.jpg

20160525_085913.jpg

20160525_085925.jpg

戸惑いながら、人間ドック室に辿り着きました
病院はすっかり様変わりして、とても綺麗になってました
女性は、ピンクの検査着が用意されていました
(*ゝ_●・)v―.o.oo.oヵ○.ゎo゚:ィ゚○:。ィ:o

血液検査、尿検査、胃や胸のレントゲン‥等
更に子宮がん検診、乳がん検診も受けます

20160525_084754.jpg

20160525_102731.jpg

20160525_084758.jpg

20160525_085037.jpg

20160525_102753.jpg

一連の検査を終えて、DRに検査結果を伺います
詳しい検査結果は、後日報告となりますが
今の段階では、要注意の段階で
病院で治療する程ではないという事でした

加齢と共に、徐々に体力も落ち
内臓にも変化が出てきます
今まで病気とは無縁の私でしたが
これからは、アンチエイジングを目指し
ファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆

  薫風自南来


ゆめみかんで行われた
レナード衛藤ブレンドラムスの
コンサートに行きました

Leonard-Eto2012280523.jpg

今回は、太鼓を軸としてピアノ、踊り、タップ等との
ブレンドラムススペシャル講演です

タップとのスリリングなセッション
自由な発想と、バリエーション豊かな
ステージが繰り広げられました
"(ノ ´^,_」^)ノ オオオオォォォッ♪"(*^^)v v(^^*) ピース!

20160522_160401[1]


280523rena-doetou.jpg

280524rena-doetou.jpg

2時間の舞台が、あっという間に終わります
彼の太鼓や演出に、すっかり魅せられ
もう一度その再現をと、CDを購入しました
サインも握手もして頂きましたよ
(@^∇^@) わぁーい( ^ ^ )Y (# v。v)o ポッ

20160522_183031.jpg

20160522_182904_20160524120147ecd.jpg

20160522_183033.jpg

20160524_055213[1]

 ブレンド(交ぜる)ドラムス(太鼓)=ブレンドラムス


ご詠歌の大法寺支部が結成されて
早、10年目がたちました
そこで、記念品を寄贈することになり
思案の末、砥部焼の湯呑茶わんになりました
・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイ。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

高級乗用車クラウンに乗り、4名で探索です

砥部陶芸館や民芸館など数か所をまわり
キョロ((( ̄ー ̄ )(  ̄ー ̄))) ( ̄д ̄*)))(((* ̄д ̄) キョロ

20160517_095801.jpg

20160517_104336.jpg

280523砥部焼陶芸館
砥部焼観光センター280523

20160517_103531.jpg

20160517_104333.jpg

思案の結果、正月釜の作品に決定して
窯元を訪ね、希望のかたちを依頼しました

20160518_110828.jpg

青白磁で、花の地模様が入ります
希望の湯呑が出来あがれば良いけれど

夜は慰労も兼ねて、アマルフィーでフルコースです
(^ ^)ウ(^。^)レ(*^o^)シ(^O^)イ( ^ ^ )Y ピース!

20160517_190414.jpg

20160517_193208.jpg

20160517_191919.jpg

    掬水月在手





毎月お参りしていたのに。。。。。
ここ最近バタバタして、すっかりご無沙汰してしまった
ご先祖様もきっとお怒りでしょう~
(-∧-;) ナムナム(-ι-З)ポクポク

ハナシバも枯葉が落ちて。。。。。
なんと罰当たり 申し訳ない

20160514_094755.jpg

20160514_094816.jpg

綺麗に掃除をして、ハナシバを生けました
(^_^)(^_^)(^_^)(^_^)( ^ _ ^ )フフフン♪

20160514_095514.jpg

20160514_095517.jpg

お線香をあげて、お唱えして
大変気持ちよくなりました

お地蔵様も、とても汚れていたので
綺麗に掃除をして、ハナシバを生けました

20160514_095711.jpg

    無事是貴人


薔薇づくりを趣味としている、ダーにとって
萬翠荘のバラ展は、毎年欠かせない

20160515_110553.jpg

20160515_110619.jpg

最終日に行ったので、凄い人だった
・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・"| ´,_ゝ`)ノ"""

今年も素晴らしいバラの展示があった

我が家にある薔薇も、数種あるけれど
(´<_`  ) 流石、出展されるだけあって
凄い~゚.+:。(・ω・)b゚.+:。グッ

20160515_112053.jpg

20160515_111550.jpg

20160515_111857.jpg

20160515_111710.jpg

20160515_111912.jpg

20160515_112016.jpg

毎年、一種苗を購入するのだけれど
今年は断念するlllll(*´=Å=`*;)llllll ズーン
ダー曰く  もう植える場所がない

   好事不如無
ダーの誕生日を、“ステーキハウス但馬”で
お祝いしました
イベント嫌いなダーは、誕生日は勿論の事
結婚記念日も忘れてしまう人で
今まで御祝い事は、皆無でした

でも、でも。。。。
この先何回、この日を迎えられるか~???
一年一年、健康で幸せに誕生日を迎えられる事
その喜びに感謝して、二人の大好物の
ステーキで御祝いをしました

20160514_182440.jpg

20160514_183055.jpg

20160514_184006.jpg

初めてのお店でしたが、とても素敵な雰囲気です
ピカピカに磨かれた広い鉄板に、イケメンシェフ

糖質カットダイエットのダーは、コースは止めて
200Gのお肉をオーダーしました

20160514_184314.jpg

20160514_184733.jpg

20160514_184735.jpg

20160514_183102.jpg

20160514_191140.jpg

20160514_191146.jpg

美味しいお肉と、美味しいお酒
結婚以来初めての、二人だけの
Birthdayのお祝いです

    和敬清寂

料理教室の先生の宮部家に
御嫁入した、我が家の薔薇達は
とても素敵に活けられ、輝いておりました
(^ ^)ウ(^。^)レ(*^o^)シ(^O^)イ

20160513_154356_20160516111931195.jpg

20160513_154442.jpg

先生は薔薇の中でも、ブルームーンに
気持ちを癒されると言われます

染物、織物も趣味でされている先生は
テーブルクロスやカバー、タペストリーを
ブルームーンの色で、統一されていました
"(ノ ´^,_」^)ノ オオオオォォォッ♪"

20160513_154241.jpg

20160513_154325.jpg

20160513_154255.jpg

20160513_154530.jpg


我が家の薔薇達も、宮部家に嫁いで
きっと幸せでしょう~

   喫茶去

内子座の100周年記念事業に
立川志の輔の独演会が行われました
落語好きの仲間たちと、いざ内子座へ~

20160429_124910.jpg

20160429_124922.jpg

20160429_124932.jpg

20160429_125658.jpg

人気落語家だから、凄い人、人、人で
会場は、あっという間に満杯になりました
(ノ-。-)ノ))))))))))))))))))●~*(´・ω・`;A) アセアセ

20160429_130216.jpg

20160429_130220.jpg

20160429_131150.jpg

我々は、友人のお蔭で
花道の特等席を入手してもらって
志の輔の表情を、まじかに見ることが出来ました
"(,,´∀`p【゚*。+゚☆謝々☆゚+。*゚】q´∀`,,)"
人情ものの古典落語、(´<_`  ) 流石だよ立川志の輔

event-20160224-07.png




5月8日は、母の日です
毎年3人の子供達から、プレゼントが届きます
娘は別として、それぞれのお嫁さんからでしょう
(^ ^)ウ(^。^)レ(*^o^)シ(^O^)イ(@⌒◇⌒@)

今年は長男からは、鉢植えの『クレマチス』が届き

20160507_175333.jpg

次男からは、お菓子が届き

20160508_180056.jpg

20160508_180050.jpg

長女からは、お酒が届きました
しかも獺祭が~( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ(@⌒◇⌒@)

20160509_121059.jpg

20160509_121104.jpg

日本酒を、こよなく愛している母の為に
奮発してくれたのだろうか~

なにはともあれ、優しい子供たちと伴侶に
感謝、感謝、感謝です(=∇=)ノ~ DOMO♪

   日日是好日


今年のGWは、倉敷の長女の所に
集まりました(=∇=)ノ~ DOMO♪
高松から長男一家も合流し大賑わいです

GWは何処へ行っても、混雑してるので
公園に行きました(@⌒◇⌒@)

20160504_104726.jpg

20160504_105042.jpg

ゆうとは年下の女の子が好きらしく
ゆあちゃんにべったりです

20160504_132321.jpg

20160504_132341.jpg

20160504_132436.jpg

とても微笑ましく、みんなで大笑い
ゆあちゃんも、大人しく、されるがままに
・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ

上は小学2年生、下は10か月
4人の孫達が仲良く遊びます

20160504_133230.jpg

20160504_132952[1]

楽しい、賑やかな一日もあっという間に終わり
夕食は焼肉を食べに行きました

20160504_172144.jpg

    喫茶去


今回は2回目参加の逆うちで
9か寺をお参りしました
73番の出釈迦寺から65番の三角寺迄です
香川が終わって、愛媛に入ってきました

20160501_143440.jpg

1200年祭で、うるう年の逆うちは
4倍のご利益があるという事で
7名の友人達と共に参加しました
(o^^o)ふふっ♪(ノ-。-)ノ))))))))))))))))))●~*

20160501_084348.jpg

20160501_084353.jpg

20160501_101924.jpg

20160501_142825.jpg

雲辺寺は四国霊場の中でも、最も高い
標高911M、ロープウェイで登りました
香川県、徳島県、愛媛県を跨いでます
((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ"| ´,_ゝ`)ノ"""

1462523539881.jpg

20160501_162346.jpg

   同行二人


薔薇が咲き始めました(*`∇´*)v ヴイッ
今年は主人が力を入れて、育ててきたので
昨年に比較すると、薔薇も元気です

20160428_123630.jpg

20160428_123644.jpg

20160428_123610.jpg

20160428_123547.jpg

20160428_123552.jpg

これから一か月余り、咲き続けます
今では種類も増えて、20数種になりました
山から下りてくる、芳しいミカンの花の香りと
我が家の薔薇の香りが重なって、最高に幸せ
私の一番好きな季節になりました
(^ ^)ウ(^。^)レ(*^o^)シ(^O^)イ( ^ ^ )Y ピース!

部屋中薔薇を置いてます

20160428_123303.jpg

20160428_123400.jpg
20160428_123449.jpg

20160428_123348.jpg

20160428_123437.jpg

     百花春至為誰開


 | ホーム |