プロフィール

iamhamachan

Author:iamhamachan
八幡浜市に住む,働く主婦です( ^_^)/
四国に嫁いで40年余り、3人の子供達はそれぞれ独立し、主人との二人暮らしを謳歌していますが、6人の孫達の成長も楽しみの一つです。
仕事の傍ら、2年前に歩き遍路を結願、昨年は逆打ちを結願しました" 'ζ_,`"
日々忙しく過ごしてますが、そろそろ終活ライフも考えなくては~、と思うようになりました(@⌒◇⌒@)


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセス数


我が家の月下美人が咲きました
"(ノ ´^,_」^)ノ オオオオォォォッ♪"

IMG_0325.jpg

今年は13個花を付けました
毎年恒例となっている酒宴を
花を愛でながら開きました

IMG_0327.jpg

IMG_0338.jpg

6時くらいから、咲き始め
9時になると、芳香を漂わせながら
大輪の純白の花を開花させます
・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイ(*`∇´*)v ヴイッ

IMG_0334_20170706170810e05.jpg

IMG_0344_201707061709302e3.jpg

IMG_0341.jpg

夜を掛けて開き切った月下美人は
翌朝には。。。。。

IMG_0349_20170706172050ef4.jpg

   月下美人咲きて宴となりし夜半  




我が家の沙羅の樹に、花が付いた
沙羅の花は一日しか咲かない
はかない命を惜しんで
京都の東林寺では、落ちた花を愛でる会が
人気を呼んでいると言われている
(ノ-。-)ノ))))))))))))))))))●~*( ̄0 ̄)/ オォー!!

jmg_9721b290612.jpg

我が家の沙羅双樹は、3年目なのだけれど
背が、屋根より高くなりそうな勢いだ

IMG_0103.jpg

IMG_0104.jpg

IMG_0107.jpg

一日しか咲かないので
朝には、たくさんの花が落ちている

IMG_0105.jpg

IMG_0106.jpg

庭のアジサイも、薔薇も沙羅双樹に負けじと
美しく咲いている('∀'*(._.*('∀'*(._.*)フミュフミュ

IMG_0102.jpg

IMG_0108_20170613161909da2.jpg

   沙羅落花いよいよ白く苔に咲く

南楽園の藤を観にドライブする
車窓から眺める全山は
緑が目に沁みてくる
・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚イイ
南楽園は、藤も今が見ごろで
甘い香りが心を揺さぶる

IMG_1663.jpg

IMG_1661.jpg

IMG_1676.jpg

庭園の手入れも行き届いていて
いつ来ても心が癒される。。。。

IMG_1658.jpg

IMG_1670.jpg

IMG_1660.jpg

IMG_1662.jpg

IMG_1669.jpg

IMG_1659.jpg

帰りは安らぎの里で、湯に入る
癒しの一日だった~
(^ ^)ウ(^。^)レ(*^o^)シ(^O^)イ(*^^)v v(^^*) ピース!

   マスゲームみなぎる息吹山笑う 



何年振りでしょうか??? 北浜公園に
友人たちと、夜桜見物に行きました
(*^^*)(^^* )(^* )(* )( *)( *^)( *^^)(*^^*) ヤッタ!!

IMG_1470.jpg

IMG_1471.jpg

IMG_1472.jpg

ぼんぼりが飾られ、たくさんの人が
夜桜を楽しんでいました(*`∇´*)v ヴイッ
4人で行きましたが、知り合いの座に
誘われ、大宴会になりました
"(,,・_●・)(,,-_●-) ))ゥィゥィ"

IMG_1476.jpg

IMG_1484.jpg

IMG_1483.jpg

IMG_1487.jpg


今日の夜桜は満開で、暖かく
花に酔い、酒に酔い、人に酔った
最高の夜桜見物でした

 夜桜に赤い鼻緒の乙女行く


だいぶ暖かくなってきたし
夜明けが早くなってきたので
早朝ウオーキングの再開です
春を身体全体で感じます
"(,,・_●・)(,,-_●-) ))ゥィゥィ"(*^^)v v(^^*) ピース!

IMG_1249.jpg

IMG_1251.jpg

IMG_1255.jpg

何処を向いても、花が咲き乱れています
ハナシバも花が満開です

IMG_1253.jpg

今朝は道端に土筆が芽を出していました
((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ(@⌒◇⌒@)

IMG_1256.jpg

IMG_1258.jpg

花々にうっとりし、鶯の初音を聞きながら
幸せ気分を満喫できました~

 朝ウオークステップ踏んで初音聴く



 | ホーム |  次のページ»»